■ 建設業許可の概要
(1) 建設業の許可が必要になるのはどういう場合か?

 建設業許可は、以下の@〜Bの工事を請負おうとする場合に必ず必要です。 

 @1件当たりの金額が500万円(税込後の金額)以上の工事を請負おうとする場合。
 A建築一式工事で、木造の場合は延床面積が150u以上又は契約金額が1,500万円以上の工事を請負うとする場合。なお、木造住宅で延床面積が150uに満たないときは、金額による制限はありません。
 B公共工事を入札により受注しようとする場合。

 許可を得ずに上記の制限を超える工事を施工した場合には、建設業法違反として、刑事罰が適用されることがあります。 

 なお、、公官署や公益団体等が発注する工事等を直接請負おうとする場合も、原則として許可が必要です。 


(2) 許可業種

 建設業の許可業種は以下のとおりです。

土木工事業 トンネル・橋梁・ダム・護岸・道路工事など
建築工事業 建物の新築、建築確認を要する規模の増改築工事など
大工工事業 大工・型枠・造作・すみだし工事など
左官工事業 モルタル・吹付け・とぎだしなどの左官工事
とび・土工工事業 とび工・ひき工・解体・コンクリブロック・土工事など
石工事業 石積み・石貼り工事など
屋根工事業 屋根ふき工事
電気工事業 発電設備・送電線・構内電気設備・信号工事など
管工事業 ダクト・給排水設備・冷暖房設備・浄化槽工事など
タイル・レンガ工事業 タイル貼り・レンガ積み・ALC・石綿スレート工事など
鋼構造物工事業 鉄骨・鉄塔・広告塔・門扉・貯蔵用タンク工事など
鉄筋工事業 鉄筋組み立て・ガス圧接工事など
舗装工事業 アスファルト舗装・コンクリート舗装・路盤築造工事など
しゅんせつ工事業 港湾・河川等のしゅんせつ工事
板金工事業 建築板金・板金加工工事など
ガラス工事業 ガラス取りつけ・加工工事
塗装工事業 一般塗装・溶射・ライニング・路面表示工事など
防水工事業 モルタル防水・シーリング・注入防水工事など
内装仕上工事業 インテリア・壁貼り・床仕上げ・畳・ふすま・家具工事など
機械器具設置工事業 プラント施設・揚配水設備・舞台設備・サイロ設置工事
熱絶縁工事業 冷凍冷房設備・動力設備等の熱絶縁工事
電気通信工事業 ネットワーク・電話線・ケーブルテレビ工事など
造園工事業 植栽・地被・地ごしらえ・公園設備工事など
さく井工事業 井戸・温泉・さく孔・石油・天然ガス掘削工事など
建具工事業 金属建具・サッシ・シャッター・自動ドア工事など
水道施設工事業 取水施設・浄水施設・配水施設工事など
消防施設工事業 消火栓・スプリンクラー・消火設備・火災報知器工事など
清掃施設工事業 ごみ処理施設・し尿処理施設工事

(3) 手続代行

 行政書士・社会保険労務士事務所 横浜ベイサイドオフィス(ホームページURL;http://www.fukuma.info) 建設業許可申請事業部は建設業の許可を受けるための申請手続を代行いたします。 

   一つ前のページに戻る
IT時代の行政書士・社会保険労務士事務所 横浜ベイサイドオフィス 建設業許可申請事業部
〒233-0013 神奈川県横浜市港南区丸山台四丁目9番12号吉川ビル201
URL http://www.e-kensetu.com  E-mail info@fukuma.info  Tel 045-841-5551
Copyright (C) 2003 Yokohama Bay Side Office All Rights Reserved.